夜高祭の日程とタイムスケジュール

富山県砺波市(となみし)で開催される夜高祭は毎年、6月第2金曜、土曜日に開催されます。

2019年度は6月14日(金)、15日(土)の二日間です。

祭りは2日間ですが内容が全く異なりますので、初日と2日目それぞれのみどころを紹介していきます。

夜高祭初日のみどころは?

夜高祭りは2日間開催されますが、初日と2日目で祭りの雰囲気が全く違います。

初日は行燈の損傷がないため

  • 綺麗な行燈の写真を撮りたい
  • 勢揃いを見てみたい
  • 若衆の熱気を楽しみたい

と言った方にお勧めです。

初日のみどころ1:行燈コンクール

夜高行燈は全て町民による手作りでありながらも、友禅や仏閣など伝統的なモチーフの他、流行り物の絵柄を取り入れた夜高行燈は豪華絢爛・勇壮優美、芸術の域に達しています。

その出来栄えを競うのが『行燈コンクール』です。

近年(2000年代に入ってから)は行燈コンクールの最優秀賞(砺波市長賞)争いが激化しており、どの町内が最優秀賞をとってもおかしくない高レベルな戦いが繰り広げられます。

日本に数ある行燈系の祭りの中でも随一の美しさ と自負しています。

初日のみどころ2:行燈勢揃い

行燈コンクールの審査を終えた夜高行燈が本町通りに勢揃いします。

富山県は曳山や行燈山車が多くある地域ですが、14基を超える行燈の勢揃いを見ることができるのは砺波夜高祭だけです。

東西300mにも及ぶ勢揃いの景観は圧巻!!

美しい行燈と威勢の良い若衆の熱気で 砺波地方 の初夏の夜を華やかに彩ります。

*全ての夜高行燈は西向きで勢揃いします。西から東に向かって撮影するのがベストです。

初日のタイムスケジュール(概要)

行燈審査 19:45~20:20
大行燈勢揃い 21:00~22:00
結果発表 22:30~23:00

*祭行事です。記載してある時間はあくまで目安です。多少の変更がある場合があります。

夜高祭 2日日の見どころ

夜高祭り初日が静の祭りだとすれば、2日目は激しい動の祭りです。

曳き子のエネルギーの焦点となる行燈の喧嘩、突き合せは大迫力です。

  • 喧嘩祭りが大好き!
  • 祭りの動画を撮影したい

と言う方にお勧めです。

2日目のみどころ1:行燈の喧嘩、『突き合わせ』

行燈山車が真正面から猛スピードでぶつかり合い、押し合い、壊し合う夜高祭の喧嘩『突き合せ』が行われます。

全国で喧嘩祭りと言えば、人間同士の乱闘、喧嘩、警察沙汰などを売りにするような後味の悪い物が多く見受けられますが、夜高祭の喧嘩は『あくまで行燈の喧嘩』です。

見ていて爽快・潔い戦いにご期待ください。

2日目のみどころ2:クライマックス『シャンシャン』

突き合わせが終わったあとは、祭りを締めくくる『シャンシャン』です。

2日間に渡って夜高祭を繰り広げた各町内が交差点に集結し、夜高祭の成功を祝い、これからの繁栄を誓う手打ち式、通称シャンシャンが執り行われます。

夜高祭の盛り上がりは最高潮を迎えた後、各夜高行燈は自町内へと曳き別れます。

2日目タイムスケジュール

突き合わせ 20:45~23:30
シャンシャン 23:30~24:00

*祭行事です。記載してある時間はあくまで目安です。多少の変更がある場合があります。