石崎奉燈祭 石川県七尾のキリコ祭り

石崎奉燈祭は石川県内でも最大級の『キリコ』が担ぎ出される迫力満点の祭です。

そのサイズは超弩級!

重さ:7t
幅:2.5m
高さ:約12~15m
長さ:約9m

高さ12~15mといえば、現在富山県で曳き回されている『夜高行燈』の約2倍です。

この記事ではそんなビッグサイズのキリコが所狭しと乱舞する石崎奉燈祭を紹介します。

石崎奉燈祭の日程・運行スケジュール

開催日:8月第1土曜日

2015年度は8月1日です!)

 

開催場所:石川県七尾市石崎町 堂前広場 周辺

 

奉燈(キリコ)は12m以上もあるため、運行できる場所が限られています。

キリコが通る場所はアスファルトが赤色に舗装されているので分かりやすいですよ!

 

石崎奉燈祭 運行スケジュール

[table id=13 /]

*祭り行事です。多少の前後は理解のうえで見物しましょう。

みどころ:奉燈乱舞

石崎奉燈祭の最大のみどころは、なんと行っても堂前広場で行われるの奉燈乱舞です。

堂前広場は名前こそ『広場』と付いていますが、普通の交差点なので決して広いスペースではありません。

その堂前広場を文字通り所狭しと乱舞する巨大な奉燈は大迫力!!

100人もの担ぎ手が群がると言われる奉燈が、『サッカサイ!サカサッサイ!イヤサカサー』と息をピッタリと合わせる様は見事の一言です。

担いでなくとも見ているだけでその熱気が伝わってくる!そんな祭です。

 

上手な見物の仕方

石崎の大奉燈は東西のルートを往復するように運行していて、乱舞が行われる堂前広場は運行ルートのちょうど中央にあります。

堂前広場を通過or集合するときが一番迫力ある奉燈を見るタイミングです。

特に15:20の乱舞17:10の乱舞20:00の堂前出発22:50の堂前到着は見逃せませんので、その時刻を基準にして広場に来るor離れるようにして見物すると効率的です。

 

キリコは急に止まれない!

石崎のキリコは能登最大級の重量物です。

あれだけの物を担いで乱舞するわけなので、バランスを崩して思わぬ動きをすることもあります。

残念ながら過去に見物客を巻き込んで重大な事故に繋がったこともあるので見物客と言えど気を抜いて見物は危険です。

 

もしかしたら自分の所に突っ込んでくるかも

 

と言うことを忘れず、自分の身は自分で守るように、現地の人間に迷惑を掛けない見物を心がけましょう。

脚立などを使って見物しない

曲がり角の内側に居ない

現地の人の指示に従う

前の人を押さない

などなど、基本的なマナー・安全を守って見物してくださいね。

キリコを見たら、和倉温泉でゆったりしては?

石崎奉燈祭のあとは温泉でゆっくり

石崎奉燈祭は『奉燈』ですから、火が燈ってこそ綺麗であり、幻想的な祭りです。

かといって遠方から見物に来られる場合、そう簡単に『夜遅くまで見物していこう!』とはなりにくいですね?

早めに切り上げて帰るのか、はたまた近隣のホテルに泊まればいいのか・・・正直迷ってしまいます。

 

しかし、忘れてはいけない。

 

石崎奉燈祭の最寄り駅は『和倉温泉駅』です。

和倉温泉といえば日本一の温泉旅館として名高い『加賀屋』で有名な温泉街です。

季節も夏!夏祭りを見た後は温泉でゆっくりして帰るのもたまには良いのではないでしょうか?

 

ちなみに、

堂前広場から和倉温泉駅まで徒歩で10分

和倉温泉駅から温泉街まで車で7分程度とスグです。