富山市の山王まつり!日枝神社春季例大祭のみどころ、日程は?

富山県最大のお祭と言われているのが、富山市日枝神社春季例大祭山王祭』です。

毎年5月31日から6月2日までの3日間行われ、40万人から50万人の人出で賑わう「さんのさん」として親しまれています。

 

『富山県最大のお祭です。』

 

と言われると、伏木岩瀬福野の方々(砺波も!!?)は黙っちゃ居ないわけですが?

 

  • 裸神輿が出る
  • 600~700軒にも及ぶの露店

 

が見どころのお祭りです。

 

え!!?富山で神輿!!!?

 

そうです。

山王祭富山では珍しく、曳山祭ではなく神輿祭なんですよ。

しかも圧倒的な露店の数は間違いなく富山県下の祭りの中で最大数を誇っています。

富山なのに、なぜ神輿??

伏木けんか山(伏木曳山祭) 昼間は豪華絢爛な花山車

富山県は高岡の御車山をはじめとする絢爛豪華な『曳山祭』が各地で行われます。

高岡伏木岩瀬城端八尾、放生津などなど)

それなのにどうして富山城下は『曳山』ではなく『神輿』なんでしょうか?

これは、富山城下では他所の曳山が受け継がれている地域に比べて

売薬などの小商業が多く、廻船問屋や漆、彫刻などの豪商が少なかったから

だと考えられています。(例えば、高岡なら銅器、伏木・岩瀬は廻船問屋、城端・八尾は漆・大工・彫刻など)

江戸時代には富山城下でも曳山が曳かれていたとの文献が残っていますが全て焼失しており、上記の理由で復興させることが難しかったものと考えられています。

 

お殿様から貰った有り難い神輿です

山王祭りで担がれる神輿は1690年に富山藩2代藩主・前田正甫が城下の氏子に寄進したものです。

それからと言うもの、富山城下を上げて盛り上げることが慣わしとなり、それが数百軒から多いときには1000軒を超えると言われる露店で賑わう『さんのさん』のルーツとなっています。

男神輿と女神輿が練り回されますが、男みこしはフンドシ一丁の屈強な男達によって担がれます

夜高や曳山で『祭りはパッチと法被!』と育ってきた我々にとっては衝撃の光景です。

 

裸神輿は夜高・曳山文化には刺激が強すぎます

獅子舞もあります!

獅子舞伝承率が日本一富山県ですから、山王祭でも獅子舞が出ます。

神輿とともに氏子町内を練り歩いたり、神社に奉納されます。

特に布瀬町の獅子舞は富山県西部でよく見られる百足獅子(蚊帳の中に数人入る)だけではなく、二人立ち(蚊帳の中に2人)の獅子舞も披露されます。

 

百足獅子二人立の両方の獅子舞が見れます。

 

露店の数が半端無いです

山王祭最大のみどころ

露店が600軒以上でます。全盛期は1000軒を超える露店があり、お化け屋敷だけでなく見世物小屋まであったとか。

現在はライブイベントなども行われます。

たこ焼き、お好み焼き、りんごあめ、チョコバナナ…考えるだけでニヤニヤしてしまいますね

露店の出るエリアは以下のGoogle Mapの赤エリアのとおり。

 

山王祭MAP

ド田舎な富山県といっても、県下最大数の観客動員数を誇るお祭りです。

 

車でお越しの方は最寄りのパーキングを利用することをオススメします。

富山駅からは路面電車ライトレールを使うと便利です。

こちらも
北陸新幹線でお越しの方、富山観光はレンタカーがオススメ
東京・大阪から富山へ行く方法まとめ

山王祭の日程・スケジュール

【5月30日】
・午後5時~宵祭(本社、末社、三末社)

5月31日
・午前7時30分~獅子舞出社(西側)
・午前7時45分~神輿発輿式(西側)
・午後7時30分頃~神輿獅子舞還幸祭

【6月1日】
・午前7時~山王講春季大祭式、並びに神輿発輿式
・午前7時30分~獅子舞出社(東側)
・午後3時30分~山王氏子御輿巡行祭
・午後7時30分~神輿獅子舞還幸祭

【6月2日】
・午前8時30分~あらか神社春祭に引き続き、三末社春祭
・午前10時~春季例大祭式並びに、表彰式・感謝状贈呈式
・午後2時~献華式(池坊富山支部)
・午後9時~大祭成就祭(本社・末社・三末社)

・5月31日と6月1日には特別奉納行事と演奏奉納も行われます。
午後6時から奉納演奏
午後7時からと8時からの二回特別奉納行事

 

6月に入ったら、いよいよ夜高祭ですよ!

砺波夜高祭りのメインイベント突き合わせ

富山山王祭が終わったら、いよいよ夜高祭です。

6月第1(金)、(土)は津沢夜高行燈祭り

6月第2(金)、(土)は砺波夜高祭

富山の喧嘩祭りシーズンもクライマックスを迎えます!

是非お越しくださいm(_ _)m