北陸・富山県の梅雨入り・梅雨明け!2015年はいつ?

富山県は4~6月にかけて祭りやイベントが目白押し

特に6月には我等が夜高祭も行われる年間を通しても富山が一番盛り上がる時期です(笑

しかし心配なのが『梅雨』ですね。

特に北陸地方・富山県は年間の降水量も多い地域なので、行燈を作る我々にとっては心配事のひとつです。

できれば祭りまで待って欲しい梅雨ですが、2015年梅雨はどうなるでしょうか?

この記事では気象庁が公開している過去データから2015年の梅雨入り・梅雨明け時期を予想していこうと思います。

富山県の梅雨入り時期はいつ?

北陸・富山県の梅雨入り日

グラフは1951年から過去64年間の梅雨入り時期をグラフ化したものです。

最も遅かったのが1987年の6月28日

最も早かったのが1958年の5月28日

こうやって見ると結構な振れ幅があるのが分かりますね・・・

グラフから読み取るに、過去64年間の北陸・富山県の梅雨入り日の平均値は6月10日頃

過去5年間の梅雨入り日は
2010年 6月13日
2011年 6月18日
2012年 6月9日
2013年 6月18日
2014年 6月5日

で5年間平均値は6月12日とほぼ一致します。

このことからも2015年の富山県梅雨入り時期は6月10日~6月12日頃になる可能性が高そうです

富山県の梅雨明け時期はいつ?

北陸・富山県の梅雨明け日

続いて梅雨明け時期です。

まぁ、祭りが終わっているので正直どうでも良いんですがこちらも予想していこうと思います。

グラフは1951年から過去64年間の梅雨明け時期をグラフ化したものです。

最も遅かったのが1991年の8月14日

最も早かったのが2001年の7月2日

過去64年間の北陸・富山県の梅雨明け日の平均値は7月21日頃

過去5年間の平均値は7月22日頃と梅雨明けもほぼ一致しています。

2015年の富山県梅雨明け時期は7月21日頃になる可能性が高そうです

 

ちなみに梅雨の期間はどれくらい?

過去64年間、北陸・富山県の梅雨で最も長かったのは1956年の65日間。逆に最も短かったのは1958年の11日間です。

11日間って2週間もありませんからビックリですね・・・

案の定、1958年は水不足の年だったみたいですよ。

晴れて欲しい!6~7月の富山のイベント!

津沢夜高あんどん祭り!富山県おすすめのイベント&祭り

絶対に晴れて欲しいけど、水不足にはなって欲しくない梅雨。

ちなみ6~7月の富山ではこんなイベントがありますよ(晴れると良いですね~)

[table id=event6-7 /]

ちなみに砺波夜高祭の2日目、特にメインイベントでありクライマックスの突き合わせの時間帯はそれまでどんなに雨が降っていようが晴れると言う有難いジンクスがありますので今年もきっと大丈夫でしょう!