2015 五箇山相倉合掌造り集落ライトアップ

日本が世界に誇る世界遺産 白川郷・五箇山合掌造り集落

富山県と岐阜県にある合掌造り集落がユネスコ世界文化遺産に登録されたのは1995年ですから、2015年で登録20周年を迎えます

2015年は富山にとって念願だった北陸新幹線も開通しますから、合掌造りも一層注目度がUPしそうです。

この合掌造り、年に何回かライトアップイベントをやっているんですよ。

写真は3月に行われた相倉合掌造り集落の【残雪ライトアップ】です。

これがまた幻想的でとっても綺麗!

せっかく世界文化遺産を見に来るなら是非ともライトアップ期間中に来たいものです。

合掌造りって?

2015 五箇山相倉合掌造り集落ライトアップ3

日本政府が世界遺産に推薦した時には

小屋内を積極的に利用するために、叉首構造の切妻造り屋根とした茅葺きの家屋

とか言うちょっと小難しい定義を付けたようですが、地元の学校なんかでは

屋根の形が手を合わせて合掌しているように見えるから合掌造りって呼ばれてる

と習います。(どうやら、これで間違いは無いようです。)

五箇山相倉合掌造り集落ライトアップ 現在でも生活感溢れる合掌造り

驚くべきは、現在でも現地の方々が生活されています

まるで『まんが日本昔ばなし』に出てきそうな非日常的な情景ですが、歩き回って散策してみると、ところどころで生活の息吹が感じられます。

 

世界遺産に泊まれるのは日本でたった三箇所だけ

五箇山相倉合掌造り集落ライトアップ 合掌造り与茂四郎JPG

合掌造り集落では民宿を営んでおられる方もいらっしゃいます。

民宿をやっておらる合掌造りには写真のように屋号(その家の称号みたいなもの)を掲げられていて良い感じの目印になっています。

世界遺産に宿泊できるってなかなか無いことですよ。

(地元の学校では宿泊学習で合掌造りに来ることが多いです。私も泊まりました。)

 

ちなみに、日本で宿泊できる世界遺産

五箇山合掌造り集落(富山)

白川郷合掌造り集落(岐阜)

仁和寺(京都)

3箇所だけ

やっぱり富山ってスゴイところですね。

いつライトアップしてる?

五箇山相倉合掌造り集落ライトアップ 合掌造り 雪

各集落のライトアップ期間限定で開催されます。

(詳細な日程についてはオフィシャルサイトでご確認ください)

四季折々の風景に合わせたライトアップはどの時期に行っても感動すること間違いなしです。

 

五箇山合掌造り集落ライトアップ

相倉集落

3月 雪景色ライトアップ

5月中旬 水田逆さライトアップ

7月中旬 夜涼みライトアップ

9月中旬 稲穂ハサ掛けライトアップ

11月下旬 冬支度ライトアップ

詳しくは⇒越中五箇山 相倉合掌集落

 

菅沼集落(五箇山)

3月 毎週金、土!

詳しくは⇒菅沼合掌造り

 

白川郷合掌造り集落ライトアップ

荻集落

1~2月 白川郷ライトアップ

11月上旬 紅葉ライトアップ

詳しくは⇒世界遺産 飛騨白川郷 ライトアップサイト

どうやって行けば良い?

五箇山相倉合掌造り集落ライトアップ 合掌造り雪灯篭

『合掌造り集落が極めて良い状態で残っているのは、周辺に比べて交通機関の整備が極めて遅れているためである』

などと分析されているようですが、確かになかなかの山奥にあります。

ただ、富山県民にとってすれば場所さえ知っていれば迷うような所ではない(基本的に国道をまっすぐ行けば良い)のと、何百キロも未開の地を奥に進むようなものでもないので意外に手軽に行けてしまうんですね。

ここでは県外の人はどう行けば良いのか紹介しようと思います。

 

北陸新幹線からの接続が良い【世界遺産バス】が便利

北陸新幹線で富山観光に来る人がとても多くなると思いますが、そんな人には加越能バスが運行する【世界遺産バス】がとっても便利です。

これは北陸新幹線のために新設された新高岡駅白川郷・五箇山合掌造り集落を往復する超便利なシャトルバスです。

高岡⇒白川方面は1日に5本(8:00~16:00)

白川方面⇒高岡は1日に6本(7:00~16:00)

1時間に1本の運行なので観光していればちょうど良い巡りでバスが来るでしょう。

ライトアップ期間にはちゃんと夜間の臨時増発便が運行されます。)

新高岡駅から終着の白川郷まで(66km)を約2時間10分で結びます。

ということは、北陸新幹線と上手く接続すれば東京の首都圏から4時間30分で行けてしまうようになるんですね!

便利な世の中になったものです・・・

詳しくは⇒加越能バス【世界遺産バス】

 

マイカー利用なら東海北陸自動車道で!

マイカーでお越しの場合は東海北陸自動車道が便利です。

開通前は『不要な高速道路の代表格』と悪く言われていましたが、現在では北陸と東海地方を結ぶ大動脈(動脈くらい?)です。

それぞれの集落に名前を冠する最寄I.Cがあるので降り間違えることもないでしょう。

五箇山I.C国道156号線五箇山合掌造り集落(菅沼・相倉)

白川郷I.C国道156号線白川郷合掌造り集落