富山県は喧嘩祭りが盛んな地域です。

曳山や山車をぶつけ合う祭りは全国数あれど行燈山車で喧嘩をするのは富山県だけです。

特に規模が大きく代表的なものは

  • 福野夜高祭 5月上旬
  • 津沢夜高あんどん祭り 6月上旬
  • 砺波夜高祭 6月中旬

の三つ!(他にも砺波平野各地で夜高祭が行われます)

どれも夜高行燈と呼ばれる行燈山車で喧嘩をする富山県の喧嘩祭りの代表格です!

今回は小矢部市津沢で行われる津沢夜高あんどん祭りを紹介します。

津沢夜高あんどん祭りはいつ?

津沢夜高あんどん祭り!富山県おすすめのイベント&祭り

津沢夜高あんどん祭りは6月第1金曜、土曜に行われます。

ですので、2017年度は6月2日、6月3日になります。

(このサイトで紹介する砺波夜高祭のちょうど1週間前です)

運行スケジュール

練り回し 19:00~24:00頃

ぶつけ合い 21:00~24:00頃

祭り行事なので多少の前後は付き物ですm(_ _)m

雨が降ったらどうなるの?

基本的に雨天決行です。

よほど酷ければ初日は曳き回し中止になるかもしれませんが行燈全体にビニルを被せて曳き回す場合が多いです。

順延にはなりませんので注意が必要です。

他の夜高祭とどう違うの?

津沢夜高あんどん祭り!富山県おすすめのイベント&祭り

夜高祭ってどれも同じじゃないの?

(傍から見るとそう感じてしまうのも仕方がありません汗)

大行燈の数こそ少ないですが津沢は福野、砺波と比べると行燈が巨大で、壊し合いが派手です。

他の行燈とどうちがうの?

ザッと違いを比較するとこんな感じです。(タップorクリックで拡大)

  • 行燈が巨大
  • 2日間ともケンカする
  • 穴場かも?(観光客がさほど多くない

同日に庄川観光祭が開催されているため観光客が分散されていると考えられます。

行燈のケンカ


津沢は台が巨大なのこと&比較的間近で見ることができるので迫力満点です。

金、土曜開催で2日間ともにぶつけ合いをしてくれるので遠方からでも観光しやすい祭りです。

露店はあまり多く無いので、それ目当てで行くことはオススメしませんが、特産品コーナーや飲食ブースが大々的に設けられています。

津沢夜高あんどん祭りへのアクセス


場所:小矢部市津沢中心市街地

高速道路でお越しの場合

東京から    関越・北陸自動車道小矢部JC 東海北陸自動車道南砺スマートI.C(約6時間)

大阪から    名神・北陸自動車道小矢部JC 東海北陸自動車道南砺スマートI.C(約4時間)

名古屋から   名神・東海北陸自動車道南砺スマートI.C(約3時間)

南砺スマートI.Cから津沢中心市街地まで来るまで約5分