万葉線に乗ろう!日本のベニス、射水エリア紹介編

富山県の魅力的な路面電車、万葉線の紹介。

前回は万葉線の概要と、高岡エリアの紹介をしました。

万葉線に乗ろう!高岡市と射水市を結ぶ富山県の路面電車!高岡エリア紹介編

今回は射水エリアの紹介です。

海王丸パークを中心としたベイエリアには、帆船海王丸や日本海側では最大の斜張橋である新湊大橋など、思わずシャッターを切り続けてしまうような被写体が溢れています。

また、新湊の漁師町を流れる内川には数多くの個性的な橋が架かり、そのレトロな街並みは日本のベニスと呼ばれるほど風情があります。

万葉線沿線マップ(新湊エリアは青マーク)

射水エリアは、旧新湊市市街地を通る路線です。

日本のベニスと言うだけあって、風情ある漁師町が魅力的です。

 

川の駅新湊

平成21年4月に内川の魅力を発信する拠点としてオープン。

新湊の人々が1年で最も熱くなる放生津八幡宮曳山祭りの曳山展示や、射水市の特産品の販売、レストラン、観光案内書があります。

川の駅』という言葉の通り、内川を巡る遊覧船乗り場にもなっています。

休館日:第4水曜日

 

サイクリングもおすすめ

川の駅新湊では自転車の貸し出しもやっているので、海王丸パークへのサイクリングもおススメです。

利用料金:大人200円(電動アシスト付き300円) 小人100円

貸出時間:09:00~17:00(受付は15:00まで)

 

内川に架かる個性的な橋

万葉線に乗ろう!日本のベニス、射水エリア紹介編

新湊の街中には映画のロケで使われた場所が数多くあります。

高倉健さんの『あなたへ』や『RAILWAYS』など、あ!見たことある!という風景に出逢えるかもしれません。

 

神楽橋

旧新港市のシンボルであった松、ケイトウ、曳山、カモメをモチーフにしてステンドグラスが嵌め込まれた個性的な橋

このステンドグラスは射水市出身の工芸作家、大伴二三弥の製作によるもの。

朝焼けや夕焼けの光、街路灯の光と、色が映す川面の色彩がとても幻想的です。

万葉線新町口から徒歩5分

 

山王橋

橋の四隅に大理石の彫刻があり、それぞれが人・心・夢・愛を表現しています。

夜にはライトアップされて綺麗です。

万葉線新町口から徒歩7分

 

東橋

朱色の屋根が特徴的な橋。

実はこれ歩行者用の屋根付き橋で、全国的にも珍しい橋です。

休憩室やベンチまで備えられているので一休みするにはちょうど良いところです。

春には桜も見られます。

万葉線新町口から徒歩10分

 

湊橋

万葉線に乗ろう!日本のベニス、射水エリア紹介編

是非10月1日の放生津八幡宮曳山祭りの時に訪れて欲しい橋です。

橋からはすぐにS字クランクになっていて、曳き回しの難所、名所となっています。

大変混みあうので場所取りはお早めに。

万葉線射水市新港市庁舎前から徒歩10分

海王丸ベイエリア

海王丸パーク、新湊大橋、新湊きっときと市場がある万葉線の終着地点です。

天気が良ければ新湊大橋越しに立山連峰を望むこともできます。

万葉線海王丸から徒歩5分

 

海王丸パーク

パーク内にはイベント広場、遊具のあふれるふれあい広場、ピクニック広場があり大人も子供もゆっくりと楽しむことが出来ます

恋人の聖地」としても有名でデートコースにもおすすめです。

パーク西側には野鳥園もあり、バードウォッチングも楽しめます。

 

海の貴婦人、海王丸

万葉線に乗ろう!日本のベニス、射水エリア紹介編

海王丸パークには「海の貴婦人」として多くの航海士を育てた帆船・海王丸が係留、展示されています。

姉妹船はあの「日本丸」。

年10回程度、29枚全ての帆を広げる総帆展帆が披露されます。

海王丸の総帆展帆はいつ?

海王丸の総帆展帆は年10回程度、4月~10月にかけて披露されます。

海王丸パークのオフィシャルサイトで日程を確認できますが、おすすめはゴールデンウィーク中の5月5日(こどもの日)です。

年毎に違う他の披露日と違い、こどもの日は毎年行われるので旅程を立てやすいですね。
海王丸パーク

 

新湊大橋

平成24年9月23日に開通した日本海側最大級の斜張橋です。

総延長3.6kmの橋を支える主塔の高さは127m!

余りにも高い主塔は、高い建造物の少ない富山県各地から眺めることができます。

富山県を代表するランドマークのひとつです。

新湊きっときと市場

万葉線に乗ろう!日本のベニス、射水エリア紹介編

新湊漁港獲れたての海の幸がずらり。

『きっときと』とは富山弁で『新鮮な』という意味で、館内の回線レストランでは四季様々の新鮮魚介類がたっぷり堪能できます。

万葉線東新湊から徒歩7分